ネットで格安&品質OKな印鑑の注文はココ!
▼▼▼▼▼
ハンコヤドットコム

手彫りのはんこのメリット・魅力とは?

通常でも販売されているはんこは安いことでも知られていて、使えなくなったからといって買い替えを行うのには最適です。
しかしシャチハタのような安いものではなく、実印や認印、銀行印などの場合は、通常でも購入できるようなはんこでは危険になります。
危険を減らし安全な特徴のあるはんこにするためには、手掘りのはんこがオススメでしょう。

偽造を防いで個性を引き立たせる

高級なはんこといえば、象牙やチタンなど様々な素材を使ったはんこが人気となっています。
しかし、はんこというのはどれだけ偽造されないように作るかというのが、一番問題になってくるところでもあるのです。
高い費用をかけて高級な素材を使用しても、偽造されやすいはんこもありますので注意が必要です。

そんな時に便利になるのが手彫りのはんこで、ネット通販などではんこについて調べると、大抵のはんこの通販サイトは職人さんの手彫りはんこを売りにしていることが多く見られます。

どんな素材で作られているはんこでも、今も昔も職人さんたちの技術によって、はんこの魅力が引き立てられているということです。
はんこを手彫りする職人さんは、手彫りのはんこについてこう語っています。

「手彫りのはんこを作ることの本当の良さは、実務的なことではなく優れた職人にしか彫ることができない文字の魅力を感じてほしい」そうです。

職人の技や技術はある程度の実績を積んでいないと、綺麗な文字を彫ることは難しいといわれています。
苗字はその人のいわゆる「看板」であり、その看板をどうバランス良く美しく彫るかや引き立たせるかによって、職人の技術が問われることもあります。

手彫りのはんこは何がそんなに良いの?

この他にも手彫りによってしか存在しない、はんこの良い部分があります。
手彫りのはんこは土手上に文字や枠を彫っていけば、耐久性を上げられるという点があります。

これはどんな素材を使っていても関係なく、ある程度の素材ではんこを作るのであれば耐久性を上げることは可能なのです。

高級な素材でなくても耐久性が上がるということで、手彫りのはんこが人気になっているのは事実です。

また、偽造防止であっても同一のはんこが複数作れてしまうような機械彫りのはんこは、危険だといえます。
機械彫りのはんことは違い、手彫りの方が1本1本の文字の太さも変わってきますので、偽造されにくいという特徴があるのです。
せっかくはんこを購入しても偽造されてしまったら、そのはんこは安全ではなくなってしまい、悪用されてしまうこともあります。
これらを防ぎ安全なはんこを作るためには、やはり手彫りのはんこが良いように感じられます。

安全なはんこさえできれば、持ち主はその一生を安心して使用できるはんこと共に生活していけます。

安心で安全なはんこを作ることはとても重要

安心で安全なはんこを作ることは、自分の財産や家族を守る上でとても重要になってきます。

もしも、はんこが悪用されてしまった場合、どんなにお金を持っている人でもその財産を一気に失ってしまうことが考えられます。
なので安心や安全、財産や家族を守っていくには、偽造されないようなはんこを作ることこそが、重要になってくるのです。

もちろん使用する用途によっても、素材や見た目にこだわりたいという考えが出てくると思います。
その中で、手彫りという独特な特徴を持っているはんこを作るということを大前提に考えて、はんこを作ると良いかもしれません。
職人の手彫りによって細かい作業を人の手で行うことで、美しさやバランスの整っているはんこを作るようにしましょう。

その部分をしっかりと重視してはんこを作ることで、安全で満足のいくはんこができ上がるようになっていくでしょう。