ネットで格安&品質OKな印鑑の注文はココ!
▼▼▼▼▼
ハンコヤドットコム

個人事業主の方が用意しておくと良いはんこや種類とは?

印鑑は様々な種類があることでも知られていて、印鑑のことに詳しくない人は、どの場面でどの印鑑が必要になるかもご存知ないと思います。
印鑑は使用する用途によって揃える必要があり、個人事業主であれば数個の印鑑が必要になってきます。

個人事業主の印鑑の役割とは?

日本社会は個人でも法人であっても、印鑑を押すことで手続きや申請、契約などができるようになっています。
個人で事業を行っていく場合に必要となる印鑑は、角印や銀行印、丸印やゴム印などが重要です。
印鑑は様々な用途によって使い分けていくため、これら4つの印鑑が必要になるのです。

個人事業主に必要となる印鑑はたったの4つ

角印

角印は自分の会社で使用することが多く、主に見積書や請求書、納品書や領収書などの書類に押すことが多くあります。
角印は会社の認印として使用することが多く、重要な印鑑であるといえるでしょう。

銀行印

銀行印の場合は、金融機関で会社用の口座を設けたりするための印鑑であり、届出印と呼ばれることもある印鑑のことを表しています。
銀行印は金銭を管理するための重要な役割を果たす印鑑なので、丁重に保管しなければなりません。

丸印

丸印は個人事業の会社や、ショップの代表者印として必要になる印鑑のことをいいます。
取引先との契約の際や役所での届出などで必要になったり、様々な種類の書類に押すことが多い印鑑となっています。

ゴム印

ゴム印の印鑑には会社名やショップ名、住所や電話番号などの入っている印鑑をそれぞれ作っておくと便利に使用できます。
また、これらを一度に押せる一体型になっている印鑑も便利となっていますが、必要な部分だけ選べる組合せ型のゴム印を用意しておくと作業効率が上がります。

これらの印鑑を持っていれば、個人事業者でも起業の時に安心できるでしょう。

普段プライベートで使用している印鑑は使用してはいけない

今まで挙げた角印や銀行印、丸印やゴム印などの印鑑は個人事業に必要となる印鑑です。
普段プライベートで使っている印鑑を、そのまま使用してはいけないという決まりはありません。

しかしプライベートに使う印鑑と、ビジネスで使う印鑑を統一して使用することで、信用度に欠けてしまうこともあります。

また万が一の場合を考えると別々に管理する方がオススメでもあり、口座の収支管理や書類の信用度、万が一紛失した場合などを考えても、プライベートの印鑑と分けて使用する方が安全でしょう。

責任を持って起業させ事業を進めていくためにも、ビジネス用の印鑑を用意してスタートさせた方が良いかもしれません。

起業に費用をかけたくないオススメの購入方法

起業する時は少しでも費用を抑えたいという気持ちが湧いてしまいますが、この印鑑は会社の看板になったり重要な書類に押すということもあります。

費用を抑えるためにオススメの印鑑の購入方法は、ネットショップで法人印鑑や個人開業セットを購入することです。
1つ1つ印鑑を作ることも必要なくなりますので、費用の他に手間も省くことができます。

またネットショップでは、ニーズに合わせて角印や銀行印、丸印の3本セットやゴム印もついている4点セットのものもあります。
ネットショップでは素材の種類が選べるようになっていて、個人事業主の負担を減らすことができます。

ネットショップでの注文は、注文をしてから印鑑となる素材に文字を彫っていくため、少々手元に届くのに時間がかかることもあるので注意しましょう。
起業に必要になる印鑑ということもあり、この印鑑が届かないと起業に必要な書類や銀行の会社口座を開くこともできませんので、ネットショップを利用する場合は特に注意するようにし会社の名前が決まった段階で注文してください。